明美文化服装専門学校

お問い合わせ

TEL(052)682-4827


卒業生の声[専門課程]

卒業生の声[専門課程]
内田みか さん 【明美文化服装専門学校 プロフェッショナルコース】

流行はどんどん進化するので勉強し続けることが必要。でも好きだから苦になりません。

内田みか

この仕事の魅力・やりがい
商品企画・マーケティング職の仕事は、ただ単に洋服をデザインすることだけではありません。常にアンテナを張り巡らし、情報を仕入れ、いかに自分のブランドらしくアレンジするかが大切です。また、「着こなし」「シチュエーション」といった打ち出し方や見せ方(ディスプレイ方法)を考えながら商品を作っていきます。この会社で一番魅力を感じるのは自分が企画した商品が全国で販売されるという点。デザインした洋服を着ているお客様に出会うと、「それ私がデザインしたんです!」と掛け寄りたくなります(笑)。

内田みか
コミュニケーション能力も必要。奥の深さも魅力です!

私の学生時代!
美容師さんやスタイリストさんなど、小さい頃からファッションに関する仕事に興味がありました。中でもデザイナーは夢のひとつでした。学生時代に一番力を入れていたのはファッションショーやコンテストです。イベントの直前は徹夜で作り込むことも多く、今でも思い出に残っています。私は学校で必須だった各種検定試験はすべて一発合格できるよう、必死で勉強しました。今でも「あっ、これは学校で勉強したことだ!」と気づくことがたくさんあります。ファッション業界の情報はどんどん更新されていきます。会社に入ってからも勉強の毎日ですが、それも楽しいです!

内田みか
学校で習うことに無駄なことはひとつもありません!

後輩への応援&アドバイス
学生時代はもちろん勉強が大事です。しかし、友達と遊んだり、一人でどこかに出かけたりといったこともとても大切。仕事をはじめるとなかなか時間が自由にならないので、学生の間にいろいろ経験しておくことが大事だと思います。「自分の引き出しを増やせるのは今しかない」と考え、いろいろチャレンジしてみてください。また、仕事をするにあたり、パソコンの知識は必須です。私自身の今後については、これからも成長し、企画の仕事ができるというだけでなく、後輩の良きアドバイザーとしてサポートできる人材にもなりたいと思います。

内田みか
いろいろ経験して磨いた感性は絶対仕事に役立ちます。


クロスプラス株式会社・ミセスDIV/プロフェッショナルコース/2012年3月卒業/
全国のチェーンストアで販売されるカットソー素材の女性服をメインに手掛ける。
主な業務は商品企画やデザインだが、商品に付けられるラベルやお店のPOPを作ったり、展示会で取り引き先の方たちに商品の魅力を話すことも。そのため、的確に商品を説明する国語力やコミュニケーション能力も求められている。
「様々なことを学ばなければいけないけど、それも含めて楽しいんです!」と話す。


笹尾 さん 【明美文化服装専門学校 プロフェッショナルコース】

学生時代の知識が今の仕事に活きています。

笹尾

就職のきっかけ
就職活動のときはパタンナーを目指して就職活動をしていました。実際に就活で面接も受けたのですが、なかなか決まらないでいた際、当時の担任の先生が販売職でツモリチサトを勧めてくれました。当時は疑問もあったのですが、今となっては先生方はしっかりと人となりを見て、勧めてくれたのだと思います。

笹尾

現在の仕事
もともと松坂屋で同一のブランドの販売職でしたが、現在は名駅に移りました。大きな職場への異動ですので、その分売上金額も責任も大きい。業務の内容も接客に加え研修など様々な仕事が増えてきて、日々忙しく過ごしています。

笹尾

現在の仕事での喜び
固定のお客様がついたことですね。松坂屋で勤務していたころのお客様が、異動になり高島屋に変わった際も、「あなたから買いたかった」と言って名古屋駅の方に買いに来てくださったときは、本当にうれしかったです。服を買っていただいた際に送るレターを持ってお越しになられ、話をしていただいたりなど、「この仕事は、もので売ってる訳ではないんだな」というのを感じられたときはとてもうれしく感じます。

笹尾

明美文化専門学校のいいところ
学生同士・学生と教員の距離がとても近いです。少人数の学校なので、クラスのメンバーはみんな仲がいいですよ。現在でもたまに食事に行ったりしています。近くで勤務している人もいるので、休みの日は定期的に情報交換もできています。